親子でのびのび暮らせるオープンな家【大阪府大阪市Y邸】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

「とにかくフットワークが軽く、対応が早い。自分らしい個性を形にしたいという思いを、ここなら叶えてくれるという直感がありました」。学生時代をアメリカで暮らし、ホームステイ先の広々としたリビングや吹抜けに憧れを抱いておられたというYさんの一番の望みは、「親子でのびのび暮らせるオープンな家」。バルコニーと一体となったゆとりのLDKや、家族や友人が楽しく使える広い2階ホールなど、プランには家族のコミュニケーションへの配慮がうかがえる。また、ビルトインガレージの上部にあたる中2階に、大収納を設けるといったユニークな提案も、自由で柔軟な発想を持つ同社ならでは。「イメージを伝えると、目の前で図面をささっと描き直してくれる。心のこもった一生懸命な対応が嬉しかったですね」とYさん。輸入住宅の性能については、あまりご存じなかったそうだが、しっかりとしたベタ基礎、運び込まれた断熱剤(高性能グラスウール)の圧倒されそうなボリューム感など、施工中は驚きの連続だったという。昨年の11月末の入居後も、家族全員が薄着で裸足。寒さ知らずの快適空間で、健やかな日々を満喫されているご様子だ。
Yさんも強調される同社の特長の一つに、打ち合わせ、設計、現場監理といった一連の業務を、幅広い知識を持った同一の担当者が責任を持って行うことが挙げられる。信頼感を抱き、互いに遠慮なく話し合いながら、ともに理想を追求する家づくり。その過程を存分に楽しめるのも、幸福なことではないだろうか。

①2階ホールはセカンドリビングとして活用。アイアンの手摺りでお洒落に演出
②明るく楽しい雰囲気のエントランス
③テラコッタタイルや、シェル型の洗面など、玄関ホールには、輸入住宅の魅力が満載
④バルコニーがリビングに一層の開放感をプラス。陽光が降り注ぐ空間はお子様達の育ちの場にふさわしい
⑤リビングとダイニングキッチンは、アーチで緩やかに区分
⑥温かい色調の外壁、豊かな風合の焼き瓦が南欧の住まいを彷彿させる。
Yさんのご希望によりビルトインガレージも

敷地面積/165.09・(49.9坪) 延床面積/153.81・(46.5坪) 工法:2×4工法 家族構成/夫婦+子供2人