月別アーカイブ: 2012年1月

青空に建つ・・・真っ白な漆喰塗りのお家 【 和歌山県 海南市 K邸 】

 

和歌山県海南市にて施工されたお家です
外壁はシュクレ(漆喰塗り)です ( ^ ^ )

漆喰の自然なモコモコ感がカワイイですね

使用しているシュクレ(漆喰)は

強アルカリ性で壁の汚れを落とす性能があります

日本のお城にも漆喰は使われており

経年しても白いのは強アルカリ性のおかげなんです( ^ ^ )

室内はダークブラウンを基調とし

落ち着いた雰囲気に・・・

床はパイン無垢フロアを現場塗装

壁の角をすべて丸くしてアーチ型の垂れ壁もつくりました

落ち着いた雰囲気の中にもかわいさがありますね( ^ ^ )

木製手摺りとアイアンも

年を重ねるごとに深みが増してゆきます。

対面型のオープンキッチン

落ち着いた雰囲気のなか・・・

大きなカウンターでのひとときも大事な時間ですね ( ^ ^ )

玄関の横には

大っきなシューズクロークがあります

棚の高さも用途に合わせて変えられます

ブルースホームオリジナルの洗面です

水栓も良いカンジ・・・( ^ ^ )

現場塗装されたドアは

どこかアンティークな風合いが漂います

シンプルなデザインのなかにある存在感

真っ白な漆喰の家

と~ってもカワイク目立っています( ^ ^ )

ブルース南大阪の断熱材( セルロースファイバー)

 

今日はセルロースファイバーをご紹介します

セルロースファイバーとは断熱材の事で
一般的にはグラスウール断熱材が多く使われていますが
当社はセルロースファイバーを採用しております

セルロース断熱材の原料は100%が『古紙』のリサイクルです。

メイドインアメリカのこのマシーンで
隙間なくパンパンに断熱材を詰めていきます!

断熱材を入れる時に一番重要なのは
シート貼りなんです!
壁合板とシートの間にセルロースを吹込みします
この時、シートがしっかり貼れていないと
膨らみや沈下の原因になってしまいます。

パンパンに詰め込まれたセルロースの前に立って
『 あ~~~~~~ 』

って・・・声を出してみるとビックリ!
まるで、お布団にもぐっているかのように
音を吸収しているのがわかるんですよ。

アメリカでは空港周辺の住宅の防音材としても認可されています。
また、防音だけではなく高い充填密度のおかげで
『 高気密 』 『 高断熱 』
なのです!

屋根裏には『 吹き付け工法 』を用います

・・・・砂漠状態です(笑)
屋根裏には壁厚以上の厚みで吹き付けます。

セルロースファイバーは
過剰な『 湿気を吸い取る効果 』も持っています
冬場の結露防止にもなります( ^ ^)

表からは見えない断熱材ですが
暮らしの快適を作る
主役といっても過言ではありませんね。