よくある質問

よくある質問

初めての輸入住宅・家づくりでは、不安や疑問をたくさん抱えていらっしゃると思います。
こちらのページではお客様から多く寄せられる質問をピックアップしてお答えします。お家づくりのご参考にしてください。
また、この他に不明点などございましたら、メールフォーム・お電話で承ります。
お気兼ねなくお問い合わせください。

よくある質問 一覧

 
Q1、輸入住宅ってなに?

輸入住宅という言葉の明確な定義はありませんが、「海外の工法や 設計思想に基づいて建てられた住宅」、「建材である部材のほとんどが輸入部材で占められているもの」と 公的機関や住宅業界の意見ではいわれており、材料費の比率的には50~60%以上である事が一つの基準のようです。
また、工法についてはその国の独自の工法を原則的にそのまま採用したもの、且つ構造や性能面でもその国の基準を確実にクリアしている事が条件となっています。

設計思想についても、外観のデザインや内部のプランニングまで、その国の生活スタイルや住文化を反映したものである事が条件になっており、つまりその国の材料で、工法からデザイン、そして育まれた生活スタイルまで、そのまま建てられるものが輸入住宅といわれてるようです。

 
Q2、全国ではどのくらい建てられているの?

ここ数年で年間8,000棟位の実績があります。特にツーバイフォー工法は阪神大震災以降に急激に増えてきています。

 
Q3、どんな工法があるの?

北米で生まれた2×4・2×6工法などのツーバイフォー系と、北欧で生まれた木質パネル工法など、枠組壁工法が9割を占めているようです。

 
Q4、日本のような高温多湿な気候には適しているの?

2×4は湿気に弱い、と決めつけている工務店さんが時々おられるようです。考えてみて下さい。アメリカやカナダといった広大な土地を例にすれば、 ミシシッピ川流域のような湿度の多い土地もあれば、カリフォルニアやハワイのような温暖な土地、そして雨の少ない砂漠地帯、さらに昼と夜の温度差が数十度にもなる過酷な土地もあります。それらの地域で100年近く頑丈に建っているのが2×4住宅です。日本だから適さないという事はありません。

 
Q5、地震に強いって本当?

ツーバイフォー系は家全体が耐力壁という「面」を組み合わせて、屋根、壁、床からなる6面体のボックス型で構成されています。台風や地震で外部から衝撃や力が加わっても、接し合った6面それぞれに互いに分散させてしまいます。これが強さの秘密です。圧縮や引っ張り、ねじれといった力を最小限に抑えてくれる構造なのです。