輸入住宅の特長

ファサードホームコンストラクション南大阪がお薦めする

輸入住宅の特長

不変の美しさが続く住まい

幅広い知識と経験を持つアートディレクターとデザイナーがお客様とともに家づくりを進めます。

00_section1_img01

省エネルギーで快適な暮らし

世界で最も厳しいカナダの基準をベースにした省エネルギー技術を採用しています。

輸入住宅の特長

家族を守る高い安全性能

在来工法の約2.4倍の強さを発揮する2×4・2×6工法で家づくりを行います。

輸入住宅の特長

充実のコストパフォーマンス

大量購入によるコストダウンと材料の吟味により、高品質な輸入住宅をご提供。

輸入住宅の特長

永く住み継いでいける家

べた基礎、地中梁、床下喚起で最も大切な建物脚部の耐久性の向上を実現。

輸入住宅の特長

輸入住宅の性能紹介

健康とメンテナンス性に配慮した、心地よい住空間を創るために

輸入建材の良い所と、日本の高品質な良い所を合わせて創りあげていくファサードホームコンストラクション南大阪の輸入住宅。様々な工夫をこらして安全で快適に、長く暮らせる家を作り上げます。

高断熱・高気密性能-省エネルギーで快適な暮らし-

|他社との違いは歴然!天井と壁に高性能断熱材

天井と壁の断熱材には、高性能のグラスウールやセルロース断熱材を採用。最上階の天井は200ミリ、壁には140ミリ(2×4工法は90ミリ)を充填して断熱性能を高めています。

ファサードホームコンストラクションでは、袋入りの状態で壁にグラスウールなどを使いません。北米や北欧などの寒冷地で常識に倣い、裸のままグラスウールを使用。密度が高く、自立性があり、弾力性の強い物のみを吟味して使います。

 

 

02_img01

| 85mmのカネライトフォームで熱と結露を床からシャットアウト!

床には、85ミリの「カネライトフォーム」を使用。「カネライトフォーム」は、独立気泡の小さな泡の中に空気が入っており、これが熱を遮り、結露を防止する役割を果たします。
吸水性・吸湿性もほとんどないので、床下からの湿気を寄せ付けません。ホルムアルデヒドを含まないほか、オゾン層破壊や温暖化の原因物質となっている「フロン」を使用していないなど、人にも環境にもやさしい製品です。

02_img03
輸入住宅の性能紹介

2×4、2×6工法-家族と快適な暮らしを守る安全性能-

|60年以上の耐用年数実績を持つ高い安全性能

厳しい自然環境で知られるカナダ。加えて地震も発生するため、この国では家の性能に対して大変シビアな基準を持っています。ファサードホームコンストラクションの住まいはすべて、そんなカナダや北米で信頼を集める2×4・2×6工法で建てます。

在来工法のように柱や梁で住宅を支えるのではなく、四辺の壁、床、天井などの六面体の壁全部で家を支える「六面体構造」は、力学的に合理的でバランスのいい構造体。地震や台風などの外力に対しても安心です。

輸入住宅の性能紹介

|燃え広がりにくい2×4・2×6工法!

火は、壁の内部や屋根裏を伝って燃え広がります。
2×4・2×6工法では、火の通り道となる要所に防火区画の役割を果たす構造材(ファイヤーストップ材)を組み、居室から居室、1階から2階への燃え上がりを防止。この「ファイヤーストップ構造」で、延焼をくい止めます。

2×4・2×6工法は住宅金融公庫の「省令準耐火構造」にも適合しているため、割増融資が受けられるほか、火災保険も一般木造住宅より安くなっています。

輸入住宅の性能紹介

耐久性能-永く住み継いでいける家のために-

|べた基礎+地中梁でしっかり支えながら湿気をストップ!

ファサードホームコンストラクションでは、家の重量を広い面積の底盤で受け止めるべた基礎に地中梁をプラスした基礎を標準施工します。
底盤は160ミリの厚さを持ち、150ミリ厚の外周部は2×6構造のノースカントリーやシャコンヌにも対応できる安全仕様の基礎です。

輸入住宅の性能紹介

|床下喚起で湿気と防蟻対策!

硬質ゴムで作られたパッキングを、基礎と土台の間に一定間隔で置いていく『基礎パッキング工法』では、土台の全周囲に均一に換気口ができるため、床下に空 気の流れができ、空気や湿気の淀みをつくりません。換気性能は通常の床下換気口の2倍以上。また基礎の中に換気口をつくらないので、基礎の剛性も高まりま す。さらに土台と基礎が接していないので、基礎の湿気が土台に直接伝わらず、防蟻対策にもなります。

輸入住宅の性能紹介